2020年06月21日


DSC_1239.JPGScreenshot_20200315-194031.png
夏が近づいてきました!
燃える情念Tシャツを着て元気にいきましょう!
[通販]
までご連絡ください。
■お名前
■住所
■電話番号
■希望サイズ、枚数
お申込みの後、振込先等、折返しご連絡いたします。

[燃える情念Tシャツ]
★赤 S.M .L  .XL 
★黒 S .M . L  .    XXL 
※アメリカンサイズで、少し大きめです。 
☆値段  3000円
☆送料  2枚まで300円
              3枚以上 500円

posted by 石川雄規 at 09:49 | 日記

2020年04月08日


received_3196535637025563.jpeg
延期させていただきます。
(前売り、予約等いただいている方々には、詳細直接ご連絡させていただいております。)

posted by 石川雄規 at 07:49 | 日記

2020年03月15日


Screenshot_20200315-194031.pngreceived_647094459095740.png
情念Tシャツ 赤 。新発売。
通販いたします。

★メールにてお申し込みください。toy.ishikawa.4228@gmail.com 
※サイズはアメリカンサイズ(少し大きめです)

●S (黒、赤)
●M(黒、赤)
●L  (黒、赤)
●XL(赤のみ)
●XXL(黒のみ)

※XL 黒、XXL赤、は皆さんのご希望があれば、近々 制作予定。

[通販]
価格 3000円
送料   2枚まで300円
(3枚以上 600円)

★メールにてお申し込みください。toy.ishikawa.4228@gmail.com

posted by 石川雄規 at 19:49 | 日記

2020年03月11日


Screenshot_20200308-121848.pngreceived_2524645034475474.jpegreceived_135620367845369.jpeg
本当に充実した10日間。
羽田を真夜中に出て"ドバイで大急ぎの乗り継ぎ。デュッセルドルフへ。(計19時間フライト)
翌朝から昼はさんで5時間セミナー。
二回目同じ昼はさんで5時間セミナー
三回目、昼はさまずに5時間セミナー。
夜、Inner Circle 試合
翌朝 OFF 
翌日  試合
翌日  試合
翌日  帰国の路へ。

最高の時間をありがとう。
wXw ! 最高。

posted by 石川雄規 at 02:15 | 日記

2020年03月08日


Screenshot_20200307-182809.pngScreenshot_20200307-195017.pngreceived_555708981969127.jpeg
世界征服”かつてバトラーツが旗揚げ当時に掲げた野望だ。
世界中の人間の魂を揺さぶってやる。
夢を忘れた人には夢を。
勇気を忘れた人には勇気を。
道に迷った人には光を。

"いい試合"なんかクソ喰らえだ。
世間が気にくわない。常識が気にくわない。何かわからねぇけど、全てが気にくわねぇ。
そんな、青い時代のフラストレーションを生々しいままの魂のギラギラしたエネルギーをぶつけ合っていた。
胸ぐら掴んででもこっちを振り向かせる。圧倒的な闘いで、偏見を黙らせる。たとえこの身がぶっ壊れても、誇りは捨てない。譲れないものは譲れない。
たとえ神にあらがっても。
それが”俺の”バトラーツだった。
そしてその対岸にはいつも"ヤツ"がいた。
相手を殴ってるんじゃない。俺たちは相手の向こうにいるクソッたれの世間を殴ってるんだ。

身体がぶっ壊れるのが先か。
世間が俺たちを認めるのが先か。
そんな刹那的な闘いをずっと続けてきた。

Yuki Ishikawa vs Daisuke Ikeda 
ドイツのwXwという団体が、バトラーツスタイルの試合をテーマにしたAmbition という興行の特別枠、スーパーファイトに石川雄規vs池田大輔をオファーしてきてくれた。
彼らが青年時代、海の遥か向こうで夢中で観てくれていたバトラーツ。その石川vs池田をドイツに持って来たいと。
共に50代になった俺達の闘い。
試合が終わると、1000人近い観客は総立ち。スタンディングオベーション。
バックステージにもどると、選手たち、スタッフに大喝采で迎えられた。
『鳥肌が立った』
『ものすごいものを見た』
会場売店に行ったら、ファンの人々が、俺のブースに長蛇の列になっていた。

池田とふたりで宿泊のホテルにもどった。
ロビーからエレベーター向かった角、
女性とばったり出くわした。
びっくりして固まる女性に”excuse me ”と言うと、彼女はおもむろに話しだした。
『You guy's fight , made me cry. it was so impressive. 』
我々の試合を見て泣いてくれたらしい。
さらに熱く感動を語りはじめてくれた。
すぐに目に涙があふれ
『ごめんなさい。思い出すとまた泣けてきて. . . 』

こちらまで胸が一杯になった。

夢追いて
削る我が身の激しさは
君にしたたむ恋文と知れ

俺の恋文はドイツ女性の心にも届いたようだ。

試合前、池田が呟いた。
『やっと世界に来ましたね』

50代になった俺達の闘いがヨーロッパに。
これが遅すぎたのか、そうでないのか。
きっとその答えは俺達が自分で創り上げてゆくものだろう。
なぜなら世界は未だに気にくわねぇことだらけだから。

俺の世界征服の野望は、きっと死ぬまで消えることはない。

情念の炎は、決して燃え尽きることはない。

posted by 石川雄規 at 06:35 | 日記

received_568224927100228.pngScreenshot_20200307-182611.pngScreenshot_20200307-182809.png
wXw Dojoにて、Inner Circle match. 
めったにない池田大輔&石川雄規チーム。

Inner Circle show at wXw Academy Dojo.
It's so rare Daisuke Ikeda and Yuki Ishikawa tag team.

posted by 石川雄規 at 03:40 | 日記

2020年03月06日


DSC_3156.JPGreceived_513431656217731.jpeg
世界を股にかけて飛び回る入江クンと再会。
そして、今日のパートナー、明日からの対戦相手、池田大ちゃんと三人で。

posted by 石川雄規 at 17:37 | 日記

DSC_3161.JPGDSC_3163.JPGreceived_629082787720439.jpeg
ジャーマンソーセージ
ジャーマンポテト
ジャーマンビール

posted by 石川雄規 at 17:21 | 日記

received_499370844349408.jpeg
3日間のセミナー終了。
本当に熱心で努力家の生徒たち。
関心したのは(本来当たり前なんだが)
『次はなに?』と聞いてこないこと。
コーチが良し、というまで。
それ以上に、自分自身が納得するまで、自主的に何度も何度も繰り返し練習する。
この姿勢が大事。
日本と同じ気質。

Finished 3days seminar. 
Realy  enthusiastic hardworker students. 
Impressed thing (actualy ofcourse things though ), Nobody ask me  stupid question ’’what is next ?" 
They do doril many times by themself 
till teacher say " OK enough. now next" . 
much more till they consent to themselves. 
This attitude is realy important. 
Same tenperament as Japan.

posted by 石川雄規 at 17:12 | 日記

2020年03月05日


DSC_3140.JPGDSC_3145.JPGDSC_3135.JPG
5時間×3日。
みんな集中して濃厚なセッションをすごしてます。
5hours × 3days. 
Everybody keep good forcus and having 
rich content seminor.

posted by 石川雄規 at 01:23 | 日記

2020年03月03日


DSC_3123.JPGDSC_3122.JPG
デマ情報に踊らされトイレットペーパー争奪戦でパニックを起こしている日本よ、さらば。コロナよさらば。
ドイツ、デュッセルドルフのオバーハウゼンに来たぜ。

posted by 石川雄規 at 14:50 | 日記

2020年02月17日


バツ1板橋グリーンアリーナ
○板橋グリーンホール
posted by 石川雄規 at 17:30 | 日記

2月23日(日)17:30〜
板橋グリーンアリーナ

参戦します。
vs GENTARO

チケットご希望の方、こちらにメールにて。

posted by 石川雄規 at 17:27 | 日記

received_504466510201744.jpeg

この度、再婚をいたしました。
つきまして、結婚披露パーティーイベントを開催する運びとなりました。

久しぶりの方、懐かしい仲間と再会。また、これを機に繋がる新しい縁。
そういった輪が広がるような楽しいイベントにしたいと思ってます。
イベント形式でございますので、どなたでもご出席大歓迎です。

立食パーティーの料理等準備の都合もございますので、
一旦 3月末日までの締切とさせていただきます。

完全前売りチケット制となっております。

お申し込みいただき、
お振込。
チケット郵送、の流れになります。

[お問い合わせ、お申し込み]
あるいは
080-3608-4497/(株)エクラ/担当 安竹

〜Information〜
★Happy Wedding Prowrestling 
★2020年5月24日(日)
11:00開場   11:30開演
★入場料 (会費) ¥18,000-
※予約・前売り制
★SYDホール
住所/渋谷区千駄ヶ谷4-25-2
※最寄り/JR 代々木駅



内容
○リング上にて結婚セレモニー
○プロレス観戦しながら、披露宴。立食バイキング形式
[披露宴プロレス]
第一試合(Freedom OZ提供)
女子キックデモンストレーション試合
AIKO  vs チキミ

第二試合
山本裕次郎vs洞口義浩

第三試合(3way )
ビリーケンキッド、くいしんぼう仮面、三原一晃、他

メインイベント
ランジェリー武藤vsアントニオ小猪木


posted by 石川雄規 at 12:59 | 日記

2020年01月22日


received_186635162404976.jpeg
再びドイツ、デュッセルドルフに行きます。
池田大輔とシングル。
I'll be Gearmany , Dusseldorf . 
Daisuke Ikeda vs Yuki Ishikawa.

posted by 石川雄規 at 12:44 | 日記

2020年01月13日


50年生きていると、忘れていた出来事が時折なんの前触れもなく思い出されたり、またすぐに記憶の彼方に姿を潜めたり。
これは絶対忘れるはずがないと思っていた出来事でさえ、ふと長い間忘れていて、突然思い出したりするのだ。
そんなわけで、最近思い出したある貴重な出来事を忘れ去ってしまわないよう、書き留めておくことにする。

1998年4月4日。東京ドーム。
アントニオ猪木さんの引退試合。新日本プロレスさんにお招きいただいて、観戦させていただき、また、バックステージパスもいただいた。
試合後、関係者、報道陣でごった返すバックステージに私もいた。
すると、会場からバックステージへのあたりが急に騒がしくなった。
会場からモハメドアリさんが控室に向かいバックステージに戻ってこられたのだ。
皆が通路をあける中、5〜6人のSP(特別警固)に囲まれてモハメドアリさんが歩いてきた。
壁際に寄りズラリと並んだ人々の前をゆっくりと、少し足取りおぼつかなく歩く。
おそらく、プロレス界のそうそうたる大先輩の面々もいらっしゃった。
そんな中で、なぜか、アリさんが私の前で立ち止まった。
SP達も立ち止まる。
すると、アリさんは少し方向を変え、壁際に立っている私に向かって歩いて来られた。
そして、目の前に来られると、
なんと、ご病気で少し震える両手の拳を上げ、ファイティングポーズをとられたのだ。
私に向かって。
何故?
何故?
私は恐縮して深く礼をとった。
するとアリさんは、手を差し出し、握手をしてくださり、
そして、SP達に囲まれ、立ち去って行かれた。

なぜ、私の前で。
なぜ、私の前だけに立ち止まってくれたのか。

未だに謎であり、
そして、こうして確かな記憶なうちに書き留めておかないと、
もしかしたら、夢だったんじゃないかと忘却の彼方に飛んでいってしまいそうな、
嘘みたいな、本当にあった話。

忘れないよう。
ここに書き記しておくことにする。
posted by 石川雄規 at 23:07 | 日記

2020年01月01日


DSC_2865.JPGDSC_2850.JPGDSC_2847.JPG
現在住んでいる徳島から年末休暇で東京に遊びにきたカナダの友人と上野浅草散歩。
My Canadian friend who lives in Tokushima now visited Tokyo .with holiday. 
We walked around Ueno and Asakusa.

posted by 石川雄規 at 16:14 | 日記

2019年12月16日


DSC_2715.JPGDSC_2720.JPGDSC_2722.JPG
''江古田会"結成?(笑)
中井先生のパラエストラ東京にてセミナーの後、恒例の江古田、昭和のスナック飲み。
Freedom@OZの小塚会長も合流し、楽しい時間。
なんと、我々三人は時期違いのShooting, 修斗 出身。
初の三人揃い踏み。

posted by 石川雄規 at 13:17 | 日記

2019年11月11日


DSC_2603.JPGDSC_2604.JPG
本日はひさしぶりに我が師匠藤原組長の事務所へ遊びに行きました。
まだまだ忙しく、元気に活動なさっている藤原さんに安心。たわいもない話、思い出話で楽しいひとときでした。

posted by 石川雄規 at 18:24 | 日記

2019年10月25日


再び江古田の街に呼んでいただきます。

posted by 石川雄規 at 22:58 | 日記
spacer