2008年05月15日


image009.jpg200805151430001.jpg
最近、バトラーツジムにHikaru選手が通ってきている。日高を通じて『地元なんだから来なよ』と言っていたのだが、遠慮なのかなかなか足が向かなかった様子。先日ZERO1の会場で久々に再会し、あらためて誘った。『でも・・トランプの腕立てが・・〓〓〓』『やらねぇよ、そんなこと(笑)あれは俺がいなくたってできるじゃねぇか。レスリングの技術指導してあげるからさ。来なさい。』『ホントにトランプやりませんか・・?』『やらないよ(笑)どんだけ嫌いなんだ腕立てが!(笑)』『だって、昔、赤山町のジムに行ったとき、毎日やらされて・・。つらかったんですよ〜〓〓』彼女は全女を辞めてから、復帰したいということで、一時期バトラーツ道場に通ってきていたのだ。
そんなこんなで、一昨日から通ってきている。及川も、練習相手になってもらえて嬉しそうだ。
Hikaruはとにかく頭がいい。技の道理、展開をすぐに理解し、緻密に反復をし、身に付ける。故に覚えが早い。キックもやったが、『総合のジムに行った時、あまりに下手でキックは使うな、っていわれたんですよ〜。』『大丈夫、蹴ってみな。うん、そう。軸足を一歩前に。そう・・、こんどはその蹴り方のまま、軸足を斜め45度に踏み込んでごらん。そう・・』なんてやってるうちに、素晴らしい蹴りになっていった。
近いうち、バトラーツのリングに上がる姿が見たくなった。以前は『バトラーツに出してくださいよ〜。』と言っていた彼女。初の練習後、『いつウチに上がる?』と聞いてみたら『いや、まだまだ練習しなきゃ、奥が深すぎます。』素晴らしい感性、向上心を持った子です。なによりかわいい。
posted by 石川雄規 at 18:45 | 日記
spacer