2008年05月24日


200805242006000.jpgカール・グレコが5年ぶりに来日した。しばらく連絡が途絶えていたのをようやく見つけ出しての再会だった。我々は5年分の積もる話をした。ゴッチさんが亡くなるひと月前まで、カールはゴッチさんの元に通っていたという。練習の後にいつも庭先でワインを飲み交わしたそうだ。ゴッチさんは最後まで弟子と一緒に練習できていたのを知って安心した。独りではなかったのだ。ゴッチ式トレーニングをみっちり仕込まれたカールは、言動までゴッチさんにそっくりになって日本に帰ってきた。昔から饒舌だったカール。昔と違うのは、話がレスリングとトレーニングの話ばかりになっていたこと。まったくもってゴッチさんと話しているみたいだった。

 我々がシングルで対戦するのも、おそらくこれが最後かもしれない。招聘する我々団体の経済的にも、互いの選手として残された時間を考えても、だ。 

 ゴッチさんは、親友であるマレンコさんの息子であるカールに、ロープ、ミル、吊
り輪をはじめとするゴッチ式トレーニングの練習器具とマットを遺していったという。カール・グレコこそが、カール・ゴッチ最後の弟子といえるのではないだろうか。

私も実はゴッチさんから計9ケ月指導を受けた。おそらくプロレス界でも長期間の部類に入るはずである。最後の弟子同士で、至高のレスリングを魅せたいという気持ちが一致した。共に神の遺志を感じたのだ。

 余計な要素を取り除き、グラップリングのみで闘ってみたくなった。バトラーツ伝説の“Bルール”を復活させることにした。

スペシャルシングルマッチGod Bless The Ring〜神の遺志のもとに〜

メインイベント(Bルール30分一本勝負)

石川雄規 vs カール・グレコ

6月1日(日)18時試合開始 

場所 シアター1010

SRS席 6000円  自由席 5000円

当日券は17時より販売開始(予約受付中)048−963−0005

[全対戦カード]

第一試合

矢野啓太vs 山本裕次郎

第二試合

二代目スーパータイガー&間下隼人 vs 原 学 &フジタ“Jr”ハヤト

第三試合(YGB公式戦)

吉川祐太 vs 竹田誠志

セミファイナル(YGB公式戦)

澤 宗紀 vs 木村浩一郎

メインイベント(Bルール)

石川雄規 vs カール・グレコ

[Bルール]

1. 試合時間は状況によりその大会ごとに設定する。
2. 勝敗は、ギブアップ、レフェリーストップ、ポイント差により決する。             3キック、パンチ、張り手、頭突等、一切の打撃技を禁止する。

4, 投げ技、関節技、絞め技は認められる。

5. 両者合わせてロープエスケープ(ロストポイント)は5回まで認められる。(以
降ロストポイントと称する)

6. 両者合わせて5つのロストポイントを消化した場合、ロープブレイク、エスケープは認められない。つまりギブアップかレフリーストップとなる。

7, 時間内に勝負が決しなかった場合、ロストポイントの少ない方の選手の勝利とする。

8. 時間内に勝負がつかず、ロストポイントが同点の場合、ファーストロストポイントを奪った方の選手の勝利とする。



以上
posted by 石川雄規 at 22:35 | 日記
spacer