2009年01月01日


格闘探偵団バトラーツ。その名の通り、メンバー達は様々な団体に参戦をし、“世界最強の人材派遣会社”と言われた時期があった。その様々な団体の良き所を吸収するならよいのだが、どうも大雑把な“端折った”レスリングをやりはじめる選手達が出てきた。闘いは自由ではあるが、我々が唯一無比に持つ“緻密かつ激しい闘い”の本質を忘れてしまっては困る。寿司屋でレトルトのカレーを出したってしょうもないし、ましてやせっかく良い素材のものにごてごて余計な調味料など邪魔なだけだ。そしてそれに依存をはじめると、磨くべき職人の腕が落ちてしまう。
そこで考えたのが、打撃を一切禁じ、ロープエスケープも制約をつけたグラップリングルール。
制約された素材の中で、それぞれが料理して腕を試し、磨きなさい。という狙いだった。
双方が緻密なレスリングができなければ凡戦になってしまう。プロレスラーとしてシュールな試金石となるルールだ。闘いはべつに客を沸かせる為にやってるわけじゃない。研ぎ澄まされた技術、闘争心が常人を遥かに凌ぐクオリティで交錯するから感動が生まれるのだ。客を沸かせる手段で張り手をやってるんじゃない。相手を倒すために殴ってるのだ。客を沸かせるために動くんじゃない。相手を仕留めるためにより早くより高度に技術を仕掛けるだけだ。
バトラーツメンバーが闘うBルールはやたらにおもしろかった。かつて東京FMホールで凌ぎを削った伝説のバトラーツBルールトーナメントが約10年ぶりに復活する。
《Bルール》
■打撃は一切禁止。組技、投げ技はOK。
■ギブアップ、レフェリーストップ、ポイント差により勝負を決する
■ロープエスケープは両選手合わせて5回まで認められる。以降はロープに接触していてもブレイクにならない。
■試合時間は10分
■時間内にギブアップ、レフェリーストップの決着がつかなかった場合、奪ったエスケープポイントの多い選手の勝利となる。
また、ポイント数が同じ場合、ファーストエスケープを奪った方の選手の勝利となる。

☆バトラーツ、2009年第一弾興行は、新春スペシャル企画!Bルールトーナメント。
組合せは当日くじ引きで決定。
[参加選手]
石川雄規、澤宗紀、アレクサンダー大塚、吉川祐太、スーパータイガー、矢野啓太、山本裕次郎、原学

■1月10日(土)
■18:00試合開始
■シアター1010(北千住駅西口隣接、丸井10F)
■SRS席 6000円
自由席5000円
小中生1500円
☆及川千尋スペシャルワンマッチ
抽選により、当日参加の男子選手誰かと対戦(バトラーツルール)

■予約受付中! believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 08:30 | 日記
spacer