2009年04月19日


今、昔のビデオテープをDVDにダビングして整理している。
昔のバトラーツがメインだが、山田太一作品のドラマや、残しておきたい作品がいろいろある。
今夜は、大林宣彦監督の尾道シリーズ「さびしんぼう」を観ながらダビング。瀬戸内の風景が美し過ぎる。せつない恋の物語。好きな映画だ。

恋をすれば誰もがさびしんぼう
僕は君がいないとこんなに寂しいのに
君は僕がいなくてもちっとも寂しくない
そのことが寂しいのです。
人はみな恋をすればさびしんぼう

全編に優しく流れる、ショパンの別れの歌の旋律が胸にしみます。
誰もが昔、こんな恋をしたのでは。
観た人いるかな。

もう25年近く昔の映画。
posted by 石川雄規 at 02:46 | 日記
spacer