2009年11月08日


20091108041139.jpg20091108092912.jpg台湾在住の私の友人(日本人)が、格闘技ジムを開くことになり、今日はそのオープニングパーティー。
藤原組長、スーパータイガー、そして私の3人がゲストとして呼ばれた。
台湾では総合格闘技熱が高まりつつある。
散打(サンダ)というキックボクシング?空手?系のものは、K−1等にも進出していて盛んだが、組技に関してはまだまだ未開の分野だそうだ。初期のUFCのようなものであろう。
友人は、ジムの組技部門を「石川塾」と名付け、カールゴッチ、藤原喜明、石川雄規と伝承される関節技の技術を台湾に根付かせようと燃えている。


台北から南に一時間ほど。昨夜から新竹という町に来ている。
ちょうど上野のようなごみごみ感と活気がある町である。
日本人も多く住む町で、学生、若者も多い。

昨夜は歓迎会食で、明け方まで盛り上がったのでした。
写真は店先にドンと置かれた豚のバラバラ死体(真っぷたつ)。
そして、気になる謎の看板
posted by 石川雄規 at 11:14 | 日記
spacer