2011年01月22日


[Bルールトーナメント]
□試合時間は10分とする。(決勝戦は15分)
□打撃は禁止
組技、投げ技、関節技のみ有効とする。
□勝敗は、ギブアップ、レフリーストップ、ポイント差による判定により決する。
□[ポイントについて]
1、両選手“合わせて”5ポイントを持つ。
2、関節技等で自らが危険な場合、自らの意志によりロープに触れればブレイクが認められる。(ロープエスケープ)
この場合、ロストポイントが1ポイントが消費される。
3、両選手合わせて5つのロストポイントを消費した場合、次からはロープエスケープは認められない。
つまり、ロープに逃げてもブレイクは認められず、ギブアップをするしかなくなる。

4、制限時間内にギブアップ決着がつかなかった場合。
A,ポイント差がある場合
相手から多くエスケープポイントを奪った方が勝ち。

B,同ポイントの場合

“ファーストエスケープ”を奪った方が勝ち

C,ポイントが両者0の場合
(ハンデ僅差として)体重の軽い方が勝ち


【Bルールタッグ】
■両チーム合わせて5回のロープエスケープがみとめられる。
■タッグロープをつかみ、タッチをすれば選手交代が認められる。この場合、トップロープ越しに限らず、ロープ間から手を伸ばしてのタッチも有効とする。
■タッチが認められた場合、リング内にいる両選手は、5カウント以内にブレイクする。(タッチ後5カウント以内なら二人がかりの攻撃も有りうるということ)

勝敗はギブアップ者退場形式とし、■どちらかのチームが時間内に2人ともギブアップをした場合。

■時間切れの際はA.残り人数の多いチームが勝利

B.残り人数が同じ場合、エスケープポイントを多く奪ったチームが勝利。

C.同じポイントの場合、ファーストエスケープを奪ったチームが勝利。

☆新春恒例!Bルールトーナメント開催!

■バトラーツ北千住大会
〜千住の風になってvol.26〜
■2011年1月23日(日)
■開場/16:30 開始/17:00
■場所/シアター1010 miniシアター

■SRS 6000円
自由席 5000円
小中生 1500円
■当日券は16時から販売開始
■Bルールトーナメント参加選手
☆矢野啓太、山本裕次郎、焙煎TAGAI、三州ツバ吉、間下隼人、斎藤彰文、竹嶋健史、NARITA、

組み合わせは当日抽選

■[セミファイナル]
スペシャルBルールタッグマッチ
石川雄規、澤宗紀、鈴木秀樹、アレクサンダー大塚
posted by 石川雄規 at 09:46 | 日記
spacer