2011年04月09日


昨日は小学校の入学式。
かわいらしいおちびちゃん達が、ランドセル背負ってゾロゾロやってきました(笑)
PTA会長として、何度この風景をみてきたことだろうか。何度見ても、思わず笑みがこぼれてしまう。

卒業式祝辞シリーズはおなじみになりましたが、
今回は入学式祝辞を原稿記録として残しておこうとブログにUPしておきます。

新入生のみなさん、入学おめでとうございます〓
PTA会長といっても、なんのことやらわからないよね。
そうだな・・、うん。みなさんのおとうさんおかあさんと、地域のおじさんおばさんと、そして先生たちと協力して、みんながいつも楽しく、安全に、よりよい毎日を学校で過ごせるよう、見守るその軍団のリーダーだよ。
つまり正義の味方だ(笑)
この体育館、おっきいでしょ?
実はついこのあいだできたばかりなんだ。
君たちとおなじ、“ぴっかぴかの一年生”だ。
明日からみなさんは、ここで・・いや、勉強はあっちの校舎でやるんだけれど(笑)
ここでは運動だよね。
うん、この蒲生小で毎日を過ごすわけですが、
あいさつをしましょう、
とか
車に気を付けましょう、
とかは何度も聞いているよね、
だから・・何を話そうかな。
うん。さっき言った、おとうさんおかあさん、先生、地域のおじさんおばさん達の、正義の味方軍団は、いつでも君たちを見守ってます。
楽しくしてるかな、
いやな思いしてないかな、
意地悪されてないかな・・
いつも気にして心配してるんだけど、気づいてあげれない時もあるの。神様じゃないからね。
だから、困った時は大きな声を出して知らせてください。一番近くにいる人に相談してください。
みんな、君たちの味方であることは間違いないのだからね。

さて、保護者の皆様、本日はおめでとうございます。
この子たちがこれから生きてゆくこの時代は、ますます混迷を呈してきています。
日々情報があふれ、虚々実々、さらには悪意に満ちた情報さえが飛び交っています。
みんなが言ってるから。
なんとなく。
なんかしらないけど、そうらしいから・・。
そんな風に情報に踊らされ、ありもしないことに怯えたり騒いだり、振り回される。
そんな姿を子供たちが見たら、どう思うでしょうか。教育にいいはずがありません。

差別、偏見、先入観。子供たちは本来、そういったものは持ち合わせていません。

大人がうえつけているんです。
悪い影響を与えているんです。

“看脚下”
という言葉があります。
脚もとを照らせ。己自身をしっかりと見つめよ。
さすれば、どんな暗闇でも決して迷うことはないのだと。
そういう意味です。
今こそ我々自身が、しっかりと脚元を照らし、
この子たちが歩むべき未来への道を照らさねばなりません。
そしていつしか、彼らが、自分自身で道を照らせる力を身に付けるまで、見守っていかねばならないのだと思います。
この学校は、素晴らしい先生ばかりです。地域の方々もとても親切です。安心してご信頼いただき、今後ともどうぞよろしくご協力をお願いいたします。
本日は誠に、おめでとうございました。
posted by 石川雄規 at 11:20 | 日記
spacer