2013年05月25日


photo-1.jpeg15年ほど前、熱血巨人、ビクタークルーガーが、彼の地元のブレーメンでの自主興行に私を招聘してくれたことがあった。
その時、ビクターの友人で、未来を霊視できるという女性と会った。
ビクターが言うには、“やたらと当たる”彼女は、私を見てこう言った。
未来の話である。
『あなたは・・・あなたの未来・・・、大きな湖が見える。それと赤っぽい大きな建物。」

その時は、フロリダ、オデッサのゴッチさんの家を無理矢理連想した。湖のほとり、家・・というか、屋根は赤だけどな。なんて思ったのを思い出した。将来、ゴッチさんの家に縁があるのかなぁ、と。

先日、ふとしたきっかけで、この話を思い出した。

オンタリオ湖。
赤煉瓦風の大きな建物。

あっ!
彼女が見た未来は、このことだったんじゃないか!?

と思ったら鳥肌が立った。
posted by 石川雄規 at 23:48 | 日記
spacer