2013年06月06日


本日は越谷の花田小学校の5、6年生対象に講演会でした。生きるということ。自分を信じる力。生徒達、真剣に聞いてくれました。こちらも、まだ幼さの残る彼らに、徹頭徹尾噛み砕いてしゃべり、ものすごく集中し、ヘトヘトになりました。(普段は中学生対象が多いので、小学生はまた勝手がちがいます。)
実は5日前の越谷市PTA連合会の歓送迎会の際、私のほんのちょっとの一言挨拶のフレーズを聞いて、ピン!ときた校長先生がすかさず「児童たちに話してほしい!」と。現会長の松本氏と前会長の吉澤氏の橋渡しと、学校側の奇跡的なフットワークで、カナダへ出発の日を間近に控えた今、滑り込みセーフで実現させてくださいました。かなりの数の講演会をしてきましたが、その中でもおそらく最高の充実度、完成度の講演だった手応えを感じました。松本会長、吉澤前会長、校長先生。そして生徒のみんな、ありがとうございました。最高の時間でした。
posted by 石川雄規 at 02:23 | 日記
spacer