2013年08月18日


バトラーツ興行のEndingで何度か流した曲です。YouTubeで見つけたので貼ります
Garth Brooks のCowboy Billという歌です。
[訳詞]
彼の面白い話に俺たち子どもは聞き入った。
ずっと昔、国境地帯での彼の毎日の暮らしのことを。
俺たちはみんなそれを信じ、話が終わると、その年老いたカーボーイに「もう一度話してくれ」とせがんだ。
あたかも大草原を吹く風の音が聞こえてくるようだった。
彼のまたがる鞍は、色あせたジーンズの下できしむ。
彼がテキサス西部の情景を語り描き出すとき、それはまるで彼の乗る馬がたてた土誇りが口の中に入ってくるようだった。
大人たちはいつもこう言った。
「あの老人に近づくな。彼は嘘の作り話を語ってるんだ。」
でも、俺たち子どもにとって、カーボーイ・ビルは英雄だった。
それは、彼が描くテキサスの青い空のように、まぎれもない真実なんだ。
 
彼はレンジャー部隊の一員だった時のことを話した。
ベーコス川沿いでピンチを切り抜けたこと。
往く手を阻む30人もの盗賊。
多勢に無勢。取り囲まれそうになって・・・
ちょうど振り返った時、一頭の馬がよろめき隊長が落馬した。
ビルは手綱をひき馬を止め、弾丸の嵐の中隊長を救ったのだ。
彼らは夕陽に向かって馬を進め、物語は終わる。
 
大人たちはいつもこう言った。
「あの老人に近づくな。彼は嘘を語ってるんだ。」
でも、俺たち子どもにとってカーボーイ・ビルは英雄だった。
それは、彼が描くテキサスの青い空のように、まぎれもない真実なんだ。
 
その日のことは今でも覚えている。
彼に何があったのか、俺たちがいくら待ってもビルは現れなかった。
いつもの飼料店の人に聞いても、知らない、という。
そこで俺たちは、オールド・グリスト・ミルロードの彼の家にむかった。
 
そこで俺たちが目にしたのは、思い出と共に横たわる彼の姿だった。
俺たちは泣き出した・・・
開かれたトランク。あたりに散らばる物。
彼は、テキサス・レンジャーの証のバッジを握りしめていた。
そして古い賞状には
「テキサスが誇る・・・・」
 
そして今、彼に近づくなと言っていた大人たちはこう言う。
「カーボーイ・ビルは英雄だった。彼の描くテキサスの青い空のように、それは真実なんだ。」と。
そうさ、カーボーイ・ビルは英雄なんだよ。
それは、テキサスの青い空のように、真実なんだ。
 
 
 
 

 
 



<br /> toy.ishikawa.4228@gmail.com さんから動画「One more cowboy song」が届きました<br /><br />










































































 






















One more cowboy song



アップロード:
MartinGlobalPictures












One more cowboy song




























コピーライトマーク2013 YouTube, LLC 901 Cherry Ave, San Bruno, CA 94066






posted by 石川雄規 at 13:58 | 日記

2013年08月12日


IMG_20130811_175857.jpgIMG_20130811_175851.jpgIMG_20130811_181637.jpg
 
正面カウンターの上板間もなく設置。ゴージャスな石板。水色の保護シートをとれば、ピッカピカの白い受付カウンター。右上には4連のTV。
 

posted by 石川雄規 at 11:03 | 日記

IMG_20130811_180816.jpgIMG_20130810_133245.jpgIMG_20130810_133406.jpg
そして昨日土曜日にようやく工事が終わったので、日曜日の今日、一日がかりですべての工事ガラ、ごみを片づけ掃除し、モップでコンクリートの床をピカピカに。
月曜日、ブートキャンプやウエイトトレーニングスペースに人工芝が敷かれる。そしてプロレスリングとオクタゴンの間には床敷のレスリングマット。
写真手前から人工芝、そのむこうにプロレスリング&観覧席。その向こうがレスリングマット。その向こうがサンドバッグ、オクタゴン。右側の壁は、トイレ、更衣室、音響設備室、キッチン&スタッフルームランドリー室、アンソニーのオフィス。私のオフィス、等が出来上がっている。
comming soon
Battle Arts Academy in Mississauga Ontario Canada.
 

posted by 石川雄規 at 11:00 | 日記

IMG_20130807_150053.jpgIMG_20130807_151803.jpgIMG_20130810_130945.jpg
まずは先週のこと。例のクソ消防役人にアンソニーが確認に行ったところ、今度は「改めて設計図を提出しろ。観覧席の一番上の隙間(猫がようやく通れるくらい)を板で埋め、不燃塗料を塗れ。給湯器の部屋をもっと大きくしろ、そして壁を二重にしろ。200人以上の観客収容だから火災警報器を各所に設置しろ。スプリンクラーをもっと設置しろ・・・・。」
俺だったら、絶対コイツをオンタリオ湖に沈めてるな。
それを補修し終わった頃、「リングとオクタゴンを解体して置き、使わなければ営業を開始してよい。リングオクタゴンの消防条例の許可が出るのが2ケ月後だから、許可がおりたらリングを設置すればよい」と。
それには、リングと床敷のレスリングマットスペースの間に仕切りフェンスをつけろ。(もうすでに観覧席のフェンスがあるのに、何の意味があるのか?)
更に、リングについての視察は、板に木目がでないくらいにしっかり不燃塗料を塗れ(もう塗った)。板の上、表面キャンバスの間に敷くマットに不燃塗料を塗れ。という理解不能な指示。前の日記にも書いたが、リング、オクタゴンの下にスプリンクラーを設置しろ(手配済み)。
リングがなくとも、レスリングマット、サンドバッグ、器具があれば開校できる。それを2週間以上前に教えてくれてればとっくに開校できてたじゃねえか!!!!!!
怒り心頭である。
知り合った建築、工事関係の人に聞くと皆口をそろえて「Mississaugaの条例は世界一シット(最悪)だ。重箱の隅をつつくような言いがかりをつけてきて、視察はまた翌週。また言いがかりをつけてきてまた翌週・・・。そんな繰り返しで足止めされるんだ。俺も何度も経験ある。」と一同に顔をしかめる。
クソッ!!
屁理屈や揚げ足の取り合いのしつこさなら誰にも負けない自信があるが、立場も国のしきたりも違うので、やきもきして見守るしかない。
 
 

posted by 石川雄規 at 10:41 | 日記

2013年08月06日


SkyDrive で B.R in Wasaga 2 を表示  すべて保存
 

 
 
posted by 石川雄規 at 11:48 | 日記

SkyDrive で Bike ride in Wasaga を表示  すべて保存
 

夜中、街灯の無い真っ暗な場所に行き満天の星空を見た。エリー湖の時よりもさらに星だらけ。写真を写す技術がないのが残念。
翌日はBike ride、サイクリングでひたすら走る。途中、アンソニーのもう一人の伯母さん宅に寄りLunchをごちそうになった。自然がいたるところにあって綺麗。
こちらの人は、Torontoでも充分に自然があるのだが、Holidayになる更なる自然を求めて皆、北へ移動し、自然を満喫して休日を過ごす。贅沢この上ない(笑)
 
posted by 石川雄規 at 11:46 | 日記

SkyDrive で Wasaga Beach 4 を表示  すべて保存
 

Wasaga BeachのBayside shopsとSunset
 
posted by 石川雄規 at 11:38 | 日記

P1010409.JPGP1010418.JPGP1010407.JPG
そしてその後、湖畔沿いに少し南へ。アンソニーの叔母さん宅にお泊りに。Wasaga Beachは真水のビーチの中で世界一長いことで有名だが、おそらくそれを目当てにここまで足を伸ばす日本人はまずいないと思う(笑)貴重な体験。
こちらの地域の住宅のバックヤードは、お隣さんとの仕切りがなく、隣近所のおチビさん達が仲良くあちこち行き来して元気に遊んでいる。
見よ、この壮大な庭を!

posted by 石川雄規 at 11:37 | 日記

SkyDrive で Wasaga Beach 2 を表示  すべて保存
 

写真
 
posted by 石川雄規 at 11:26 | 日記

SkyDrive で Wasaga Beach を表示  すべて保存
 

そこから西へ少し移動。ヒューロン湖畔にある、Anthonyの友人の別荘を訪ねた。バックヤードがそのままビーチ。絶景.
 
 
posted by 石川雄規 at 11:24 | 日記

SkyDrive で Midland 2 を表示  すべて保存
 

写真
posted by 石川雄規 at 11:21 | 日記

SkyDrive で Midland を表示  すべて保存
 

前の日記の詳細をお伝え。
Torontoから北へ300Km近く。ヒューロン湖のジョージア湾、さらにその入江にあるMidlandという小さな町。AnthonyのGrand Matherが昔住んでいた町。
posted by 石川雄規 at 11:17 | 日記

2013年08月05日


IMG_20130804_204103.jpgIMG_20130804_165555.jpg

Torontoから北へ300km。ヒューロン湖のWasaga Beach。

真水のビーチでは世界一最長。


posted by 石川雄規 at 22:52 | 日記

2013年08月02日


IMG_0154.jpgIMG_20130731_164644.jpgIMG_20130731_193517.jpg
リングの下にスプリンクラーを付けろ。オクタゴンの下にスプリンクラーを付けろ。ステンレスと鉄でできた観覧席の下にスプリンクラーを付けろ。シャワー室にスプリンクラーを付けろ。リング、オクタゴンに使われる板に、木目が見えなくなるまで不燃塗料を7塗れ。リング下に誰も入れないよう、何もはいらないよう、板で塞げ。Mississauga市の想定外の消防法規制が入り足止め。そんなにスプリンクラーが好きか?ジムをWarter Parkにしたいか?!
と言いたくなるほど。設計者のミスであるといえばそれまでだが、それにしてもMississaugaの条例は異常に厳しい。2週間以上前にわかっていればすぐに取りかかれたのに、視察指導に来たクソ役人が(頭の悪そうなツラしやがって。)見た目とおり馬鹿で、最初に言えばいいのに、これじゃだめ、あれじゃだめ。「どうすればいいのだ?教えてくれ。」「それは私の口からは言えない。」で無駄な2週間。アンソニーのDady、Mr.フランクといとこの二人のおじさんコンビと共にペンキだらけになって作業。
ここの現場の、前代未聞の使えない現場工事チームだったら2週間はかかるであろう作業を4時間で消化。
運命の神はとことん俺の邪魔をしたいらしい。よっぽど俺を格闘技に関わらせたくないようだ。この期に及んでまだぐずぐず嫌がらせをしてきやがる。全く持って往生際が悪い。ここまできたらどうあがいたって始まるのに。悔しかったら隕石でも直撃させてみろバカ!と言いたいくらいだ。イライラする。
Battle Arts Academy、いくらなんでもいよいよスタート!あと数日!

posted by 石川雄規 at 12:24 | 日記

2013年07月27日


SkyDrive で エリー湖写真 を表示  すべて保存
 

 
posted by 石川雄規 at 07:24 | 日記

SkyDrive で エリー湖の湖畔 を表示  すべて保存
 

Sherk Ston Resort Park,Naiagaraから少し西に行ったエリー湖の湖畔にあります。
posted by 石川雄規 at 07:21 | 日記

SkyDrive で エリー湖の夕暮れ を表示  すべて保存
 

エリー湖のほとりで夜空を見上げてた。
星座が見つからないくらいたくさんの星。北斗七星、カシオペア、オリオン・・・。
湖の上の広い空にはさそり座(多分)。気のせいかとてもでかく感じた。ずっと北に行くと(街灯りのない場所)この10倍の星が見えるらしい。北へ北へ、いつか旅してみたいものだ。ひたすら北に行けば北極に着くかな。海があるからダメか(笑)
でも、300Kmくらい北に行くと、オーロラが見える‟可能性がある”らしい。行くしかないね!
夜空は撮影する技術機材がないので、せめてエリー湖の夕暮れ。
posted by 石川雄規 at 06:45 | 日記

2013年07月25日



八角形の金網リング(オクタゴン)の骨組みと、外看板。そしてエントランスの看板が取り付けられました。
posted by 石川雄規 at 08:03 | 日記

2013年07月24日


IMG_20130723_121214.jpgIMG_20130723_122205.jpgIMG_20130723_121756.jpg



リングを設置。骨組みを見てわかる人にはわかるように、とにかく力学とかの工夫が全く見られず、ただ鉄枠に板を渡してるだけ。組み立てにくいったらありゃしない(笑)日本のリング製作職人さんの凄さをあらためて感じた。


posted by 石川雄規 at 13:01 | 日記

IMG_20130723_122205.jpgIMG_20130723_121214.jpgIMG_20130723_124714.jpg
リング設置開始、
 
 


posted by 石川雄規 at 10:23 | 日記
spacer