2009年02月26日


「おっ、懐かしい声が聞こえるなぁ!」
興義館(リアルジャパン道場)でスパーリングをやっていると、佐山先生が入ってこられた。
「昔はこうだったんだよなぁ・・・」
「みんなここからはい上がったんですよね」
「そうそう」
佐山先生は嬉しそうに微笑んだ。私の下には練習生の竹嶋が半死半生でもがいている。
「グァ〜!!アーッ!ギャー!」
関節技がきまる度に濁音混じりの絶叫が道場に響く。反対側では、山本裕次郎がリアルジャパン新人の斎藤の相手をしている。斎藤もガンガン関節を極められ、かなり苦しそうだ。
今日は男ばかりの石川塾。ガッチリスパーリング大会だ。後半、三州ツバ吉も合流して、細かい技術のレクチャー。
3時間の練習を終え、佐山先生を囲んで、スーパータイガー、山本、三州、竹嶋としばし談笑。
やはり道場はいいものだ。帰りは山本といっしょに満員電車の千代田線。車両にかわいい子を発見し、私に目配せする山本裕次郎(ネッシーはいてる)。なるほどかわいい。さすが“巨乳好きグラップラー”山本裕次郎。抜け目ないぜ。
posted by 石川雄規 at 13:14 | 日記

2009年02月25日


土曜日に関節技セミナーをやる、日本医科学総合学院の柔道場でした。いつもおじゃましてるリアルジャパン道場は記者会見のため使えず、藤原組長に相談したところ、話をつないでくださいました。 
実は藤原組長は、その日本医科学総合学院の理事長なんです。受付ロビーには、組長の巨大な写真が飾ってあります。 
顔繋ぎということもあり、組長もわざわざ出向いてくださり恐縮しまくり。 
「三河島駅前で待ってやるよ」
「いや、申し訳ないですから、大丈夫ですよ!すみません。」
「いいって、いいって。待ってるから。今どこ?」
「も・もうすぐです!」
ひょんな勘違いから方向を間違え、なぜか町屋駅前に。車幅ギリギリの小道が入り組む千住、町屋、荒川界隈の迷宮に入り込んだとこだった。まず道を間違えることはない私だが、よりによって藤原さんを待たせているときに迷うとは〓 「ヤバい〜!!」と焦りまくって恐ろしく狭い路地からの脱出を試みていると、電話が。(ゲッ!!藤原さんだ!)「大丈夫か?今どこだ?」「す、すいません!」
5分くらいしてまた!「はい!(おっと!電柱にこすってしまう!!)も・もうすぐです!」 
やっと到着。駅前で華名、エスイらといる藤原さんを発見。「このやろ、迷いやがって(笑)」三河島駅の改札を出て右手にマックがあり、その前をそのまま線路沿いに歩くと100mくらいで学校があった。(右手側が線路)いやいや焦りまくりでした。名誉のために言いますが、正確には“遅刻”・・とまではいかないのですよ(笑)『14時に練習始めますので、13時30分過ぎあたりを目標に行きま〜す』と言っていたところ13時45分到着。藤原さんは昔から待つのも待たせるのも嫌いで、おかげさまで、付き人をしていた我々世代は時間に正確な大人になった。でも約束の30分以上前に来て、10分待って先に出発しちゃうのはやめてほしかった(爆)『そうなんだよ、オレはせっかちだからさ、昔は一時間前に行って勝手にイライラしてたもんな(笑)今日はさ、1時10分に着いてよ、ずっと待ってたよ(笑)』『ひえ〜、すいません〓』
そんなこんなで無事練習開始。藤原さんも最初の少し、練習を見てくださり、別件の仕事に向かわれた。 
土曜日、元気な藤原組長に会いにきませんか!

■藤原組関節技セミナー
■講師/藤原喜明 
 助手/石川雄規 
■2月28日(土) 
■15時開始(約2〜3時間) 
■会費/5000円 
■場所/ 〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-25-13
学校法人日本医科学総合学院 内道場
■JR常磐線『三河島』駅からマック脇線路沿い徒歩2分

■予約受付中!
believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 11:54 | 日記

2009年02月23日


■女王バチvol.3
■5月6日(水・祝)
■板橋グリーンホール
■13:00試合開始
■SRS席(1、2列)5000円
自由席4000円
■及川千尋、華名、他

■予約開始!
believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 20:21 | 日記

2009年02月22日


サスケが釈放されたらしい。一安心だが、世の中狂ってるな、反吐がでるぜ。押し返そうと、ちょっと押しても“暴力”。事の道義に基づかず、言葉尻の取り合いばかりの厭な時代になったもんだ。アホなことをしたガキにげんこつくれても暴力。しつこくからんできた酔っぱらいをおしのけても暴力。自分が失礼の度合いを超えれば、怒った相手に殴られる可能性だってあるんだ。小さな動物だって身の危険に晒されれば抵抗する。「動物はしゃべれないから・・人間は言葉で・・」とかいう奴。人間でも何度も言葉で言ってもわからねぇ奴がいる。言葉を理解しねぇ奴は動物以下だろ?どうなんだ。インターネット等、文明の利器がせっかく生まれた。なのにそれを悪用する奴が後をたたないものだから、いずれ規制されてしまう。“絶対に殴られることがない”位置から、テメエの姿は匿名にして好き放題誹謗中傷、悪口をまきちらすクズ野郎どもが後をたたない。さじ加減のわからねえバカが一人もいなくなれば法律なんかいらなくなるのに。何億人もいればそれはありえないけどな。「い
ついかなる時も暴力はいけない」いついかなる時も??テメエの横で大切な人が暴漢に教われていても、てめえは指をくわえて「いかなる時も暴力はいけません」と言ってるのか?大切なものを守るためなら、法律なんてクソ喰らえだ。所詮人間が作ったものだろ。神は“守る”ために強靱な肉体(それになれる可能性)を男という性に与えた。オレは警察官の友人にいつも言っている。狂った犯人に巻き込まれて殺されてはいけない。そうなる前に射ち殺せ。凶人に殺されて勲章もらってもしょうがない。残された家族はどうなる。生きなければいけない。 
物事の道理を考えず、ただ上っ面の言葉だけをふりかざし、隠れ蓑にしてる野郎どもが日本をダメにしている。オレはちびっこレスリングの時、いっつもげんこつを食らわしていた子がいた。「学校の先生が、石川社長だったらいいな・・」「なんで?(笑)オレはいつも怒りの鉄拳くらわしてるだろ(笑)」「だって、学校の先生、叱ってくるないんだもん・・・」オレは思い切り頭をなでてあげた。 

言葉尻だけでわけのわからねえ主張をする“傍観者”達には腹が立つ。
昔ニュースで聞いたことがある、空手をやってる小学生がいじめで、無抵抗のままよってたかって暴行され死んでしまったという。「僕は空手をやってるからケンカしちゃいけないんだ・・」“教え”を忠実に守っても命は還らない。かわいそうに。
プロだから手をださない?法律で決まってるから?アホか。仕掛けられたらやるぜ。大切な物を守るためなら法律なんてクソ食らえだ。
プロという名が欲しくて強くなったんじゃない。大切なものを守るために強くなりたかったのだ。
「いついかなる時も暴行はいけない」とかいう言葉をふりかざしてる奴は、世紀末、北斗の拳の世界になった時、絶対に守ってやらねぇぞ。今のうちに心を入れ替えろ。
posted by 石川雄規 at 12:53 | 日記

2009年02月16日


■講師/藤原喜明
助手/石川雄規
■2月28日(土) 
■15時開始(約2〜3時間) 
■会費/5000円 
■場所/ 〒116-0014
東京都荒川区東日暮里6-25-13
学校法人日本医科学総合学院 内道場
電話03-5850-3500 

■予約/ believers_sc@yahoo.co.jp

■服装/Tシャツ、ジャージ等動きやすい格好。
裸足 
タオル持参 
■女性、初心者も大歓迎
posted by 石川雄規 at 14:00 | 日記

北千住大会、ご来場ありがとうございました。毎回なにかしらのお土産を持ち帰ってくださってることと思います。夢、勇気、努力・・形は無くとも尊いもの。『ひとからもらえるものではなく、自分で手に入れてゆくもの。』と以前語りましたが、ほんの少しなら“お裾分け”できるものだとは思っています。そのお裾分けを持ち帰り、明日を生きる力、“それぞれの夢や勇気”を各自で育ててくれれば嬉しいです。
昨日も興味深いテーマがにじみ出る試合のラインナップ。
メインの試合は、思ったより落ち着いた試合になった印象ですが、澤の二の腕には巨大な痣、ソバットによる矢野のKO。(肋骨は・・まだ連絡がないので幸い骨は異常なかったのかな。)勝負は生物(なまもの)なのでいつ何で決着がつくかはわからない。澤、矢野が石川雄規にどんな爪痕を残せたか、また、残すためには今後何が必要なのか。時代が変われど不変なる“何か”を見つけていってほしい親心。
三州も焙煎も、まだまだだけど、俺はかっている。可能性を感じるのだ。
山本裕次郎、吉川。立派に闘ってくれた。今後が益々楽しみになってきた。
及川、華名。技術、理念、情念をしっかりと伝承した2人が見せてくれた、現時点での100点満点の試合。一瞬も気が抜けない(ルールは規制が多いほど緻密な攻防が必要とされ、かといって技術がなければ凡戦になる)闘いを、両者ともやりとげてくれた。こんな闘いができる女子選手が増殖し、軍団を形成したら、女子プロレスの歴史がきっと変わる。
昨日の北千住のキーワードは“過去を確かめ未来へ繋ぐ道”そんな大会になったような気がする。

さて次回
■4月12日(日)
18時試合開始
■シアター1010
■SRS席 6000円
自由席5000円
小中生1500円
☆予約受付中!
posted by 石川雄規 at 11:49 | 日記

2009年02月15日


平成2年の春、大学を卒業した私はアメリカに渡った。カールゴッチ氏に押し掛け弟子入りするためだった。その際に、“ゴッチさんへの手土産”として親友に日本手拭いを託された。「刻苦光明必盛大」という、慈明禅師の語が書かれたその手ぬぐいは、私の友が師と仰ぐ白田劫石老師から頂いた大切なものだった。住所もわからず、会える可能性など無きに等しい門出に、祈りを込めた“御守り”として私に託してくれたのかもしれない。
自伝『情念』にも書いたが、大学時代に彼が私に教えてくれた言葉『今、俺たちは地面に向かって掘り下げている時期なんだ。1m掘っても2m掘っても、誰も評価しちゃくれない。でも掘り続けるんだ。今の時期に深く掘り下げた分だけ、未来に高い建物が建つのだ。』は、老師から授かった『地面を深く深く掘らなければ立派な建物は建てられない』という言葉を教えてくれたものだったという。弁護士になるという苦難の夢を、自分の手でついに掴み取った彼の支えは、アントニオ猪木と、そして白田劫石老師だった。
その老師から授かった手拭いが、遥か海を渡り、最も禅的なレスラーであるカールゴッチの手元に納まった。(※ゴッチさんの尊敬する宮本武蔵は剣禅一味)
一本の日本手拭いが、世間的には全く接点のありようもない、禅とプロレスをつないだ。しかも、蜘蛛の糸のように細い細い糸を辿って、納まるべきところに納まったこと、何か因縁めいたものすら感じる。
そして、私の師であるゴッチさんは平成19年に亡くなり、彼の師である老師はつい先日天に召された。93歳の最後の最後まで現役だったそうだ。
彼からのメールは今の話と、それ故、葬儀の為行くつもりだった北千住大会に行けずすまない。との話だった。彼は明日、老師と最後のお別れをする。
私は一度も会うことのなかった“親友の恩師”の最後の旅出を、リングの上から送ることにする。
posted by 石川雄規 at 01:11 | 日記

2009年02月14日


btposter.jpg当日券は16時30分〜販売します。 

■バトラーツ北千住大会
《第一試合》
原学&三州ツバ吉vsフジタJrハヤト&焙煎TAGAI
《第二試合》Bルール
及川千尋vs華名
《第三者試合》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎《セミファイナル》
吉川祐太vs臼田勝美
《メインイベント》
石川雄規&スーパータイガー
vs
澤 宗紀&矢野啓太

■2月15日(日)
■18時試合開始
■シアター1010稽古場1
※北千住駅西口隣接丸井10F
■SRS席 6000円
自由席5000円
posted by 石川雄規 at 09:53 | 日記

2009年02月13日


電話口から藤原組長の元気な声が聞こえた。 
三河島に、藤原組長の知り合いの道場があって、土日は空いているらしい。 

藤原喜明&石川雄規の関節技セミナー
会費は5000円 
やるとしたら参加したい人はどれくらいいますか? 
具体的に開催する時の連絡網をつくりたいので、メールいただけたら幸いです。 
believers_sc@yahoo.co.jp
「屋上もあるから、夏は練習後にビアガーデン飲み会イベントやっても楽しいよな〓」と藤原さん。 

組長、まだまだ元気です。
posted by 石川雄規 at 12:47 | 日記

2009年02月08日


録画しておいたテレ朝日の特番『伝説のスポーツ名勝負』を観た。1976年。私が9歳の時、TVの前で正座して観ていた。ちょうど次男のおチビの年の頃にこれを見て人生を変えられたのだと思うと、なんともすさまじい(笑)子供だった。
15歳になる長男と一緒に観た。オレはこんな小さな頃から世間にムカつき『夢は叶えるものだ。闘え、苦しめ、そして生きよ。』というアントニオ猪木の言葉のままに闘い続けてきた。猪木さんと遥かにスケールは違えど、世間と、常識と闘い続けてきたなぁ・・・。などと考えていたら、日付が変わって42歳になっていた。あの頃、40歳を越えて息子とこの映像を見るなんて想像だにしなかった。時の流れの不思議さに胸を衝かれた。
ボクシングを引退後、パーキンソン病を患ったアリ氏が、猪木さんの引退試合に訪れた際の映像が流れた。その日、東京ドームに私はいた。
思い出した・・。
そう、あの日俺はモハメド・アリと遭遇したのだ。
東京ドームのバックステージ。アリ氏がSP(特別警備)に囲まれて歩いてくる。選手、関係者、もちろんトップレスラー達も、皆、恐縮して道を開け、見送る。すると、モハメドアリが私を見て、何を思ったのか真っ直ぐ歩み寄って来られた。何が起こったのか、時間が止まったような気がした。慌てて頭を下げた私に、アリ氏は震える手を差し伸べて握手をし、そして去って行った。
何故俺だけに???
今だに不思議だが、あの時に、もうひとつの闘魂を伝授されたような気がした。それは、次の時代を闘い続けよという何か宿命のようなものを授けられた、神聖なる洗礼の儀式のように感じたのだ。
万感の思いを胸に、去りゆく“世界のアリ”の背中
を見えなくなるまで見送ったあの日であった。
posted by 石川雄規 at 01:03 | 日記

2009年02月02日


■バトラーツ北千住大会
《第一試合》
原学&三州ツバ吉vsフジタJrハヤト&焙煎TAGAI
《第二試合》Bルール
及川千尋vs華名
《第三者試合》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎《セミファイナル》
吉川祐太vs臼田勝美
《メインイベント》
石川雄規&スーパータイガー
vs
澤 宗紀&矢野啓太

■2月15日(日)
■18時試合開始
■シアター1010稽古場1
※北千住駅西口隣接丸井10F
■SRS席 6000円
自由席5000円
■believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 11:08 | 日記

2009年01月31日


200901310042000.jpg200901310041000.jpg昨日に続き、インフルエンザの次男の付き添いの為、一日家に。原稿書いたり経理の整理したり。パソコンで試合の写真データの整理も。一時的に熱が上がったけれど、あとは起きていられる程元気に。
前大会から発売の、大好評ラミネーターカード。L版サイズで、よりどり3枚500円。暇だったので新しい種類をせっせと製作。
起きてきたおちびさんが興味を持ったので、ラミネーター(パウチ)作業をお手伝い。写真をラミネーターにハサミ、機会に入れる作業を一枚10円のバイト(笑)にしてあげたら喜んでやってました。
ナイスなカード、たくさん集めて眺めてニンマリ楽しみましょう!
posted by 石川雄規 at 00:58 | 日記

200901291136000.jpg200901291836000.jpg次男のおちびさんがインフルエンザにかかり、今日は自宅付き添い待機。
普段はそっけない猫のポテトくんが添い寝。
猫ちゃんは具合が悪くて寝込んでいると、必ず“お見舞い”に来てくれる。 ただ単に発熱した体温が温かいからだろうか(笑)
posted by 石川雄規 at 00:56 | 日記

2009年01月27日


btposter.jpg■バトラーツ北千住大会
《第一試合》
調整中
《第二試合》Bルール
及川千尋vs華名
《第三者試合》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎《セミファイナル》
吉川祐太vs臼田勝美
《メインイベント》
石川雄規&スーパータイガー
vs
澤 宗紀&矢野啓太

■2月15日(日)
■18時試合開始
■シアター1010稽古場1
※北千住駅西口隣接丸井10F
■SRS席 6000円
自由席5000円

■他参加選手/原 学、フジタJr.ハヤト、三州ツバ吉他
posted by 石川雄規 at 18:16 | 日記

2009年01月24日


200901240902001.jpg200901240902000.jpg次男のリクエストで「ペンギンの問題」の限定グッズを買いに幕張メッセへ。ポケモンや遊戯王、ペンギンの問題、他のグッズを販売している会場は凄まじい行列。この中の100分の1でも集まってくれたら、北千住は札止めになるのに・・・と思ったら、ペンギンの問題じゃなくて、そっちの方が問題だ。

■バトラーツ北千住大会
《第一試合》
調整中
《第二試合》Bルール
及川千尋vs華名
《第三者試合》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎《セミファイナル》
吉川祐太vs臼田勝美
《メインイベント》
石川雄規&スーパータイガー
vs
澤 宗紀&矢野啓太

■2月15日(日)
■18時試合開始
■シアター1010稽古場1
※北千住駅西口隣接丸井10F
■SRS席 6000円
自由席5000円

■他参加選手/原 学、フジタJr.ハヤト、三州ツバ吉他
posted by 石川雄規 at 09:36 | 日記

2009年01月22日


■バトラーツ北千住大会
《第一試合》
調整中
《第二試合》Bルール
及川千尋vs華名
《第三者試合》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎《セミファイナル》
吉川祐太vs臼田勝美
《メインイベント》
石川雄規&スーパータイガー
vs
澤 宗紀&矢野啓太

■2月15日(日)
■18時試合開始
■シアター1010稽古場1
※北千住駅西口隣接丸井10F
■SRS席 6000円
自由席5000円

■他参加選手/原 学、フジタJr.ハヤト、三州ツバ吉他
posted by 石川雄規 at 21:09 | 日記

2009年01月20日


《メイン》
石川雄規&スーパータイガー vs 澤 宗紀&矢野啓太
《セミファイナル》
吉川祐太 vs 臼田勝美 《シングルマッチ》
アレクサンダー大塚vs山本裕次郎
■2月15日(日)
18:00試合開始
■シアター1010
■SRS席6000円
自由席5000円
■予約受付中
believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 18:21 | 日記

2009年01月17日


■石川雄規&スーパータイガーvs澤宗紀&矢野啓太  
■2月15日(日)
18:00試合開始
■シアター1010
■SRS席6000円
自由席5000円
■石川雄規、澤宗紀、吉川祐太、矢野啓太、及川千尋、スーパータイガー、原学、山本裕次郎、他
■予約はこちら
believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 11:01 | 日記

2009年01月11日


2009011110500000.jpg女王バチvol.2のDVDが発売されました。
[メイン]
及川千尋&AKINO vs華名&高橋奈苗
[セミ]
風香vs夏樹たいよう
他全4試合

定価/2000円(送料200円)
通販ご希望の方、下記にお申し込みの上、指定口座に代金2200円をお振り込みいただく形となります。

believers_sc@yahoo.co.jp
女王バチvol.1
及川千尋vs華名
定価/2000円(送料200円)も好評発売中
posted by 石川雄規 at 11:25 | 日記

新年第一弾、バトラーツ北千住大会。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。お正月お年玉企画として、いつもと一味違う“ご馳走”はいかがだったでしょうか。
「打撃無しのBルールだから」タカをくくって観に来なかったたくさんの皆様。ご愁傷さまです。
ものすごい損をしたと思いますよ。それを観たみんなの面白いかったという言葉を聞いてから「次は観に行こう」と思っても、“昨日の試合”は二度と生では観れません。
何度も何度も何度も言っていますが、Bルールは格闘技経験があるからわかる、おもしろい。とか、格闘技経験がないからわからない、つまらない。とかの次元じゃねぇんです。人間は凄いものを見れば本能的に感性を刺激され、魂を揺さぶられるのです。昨夜の、リングに向けられる視線の熱いこと!もちろん普段もそうですが、特にグラウンドというものに凝縮された緊張感。そう、最初から最後までドキドキしながら綱渡りをひたすら見るような感じだろうか。
「これをやればお客さんがあつまるだろう」とか「これをやればマスコミが煽ってくれるだろう」とか、オレは一切考えちゃいない。一番重要なのは「これをやれば観に来た人の心を揺さぶるだろう」という“作品”を創り、届けること。オレが提示するテーマは、必ず意味があります。40歳を越え、明らかに残り時間が少なくなった今、なおさらにひとつひとつの作品を丹精込めて作り上げています。次があるからいいや、とりあえず・・なんて作品は世に出すつもりはありません。そんな作品、バトラーツという格闘芸術を今年もお見逃しなきよう、お願い申しあげます。
さて次回は
■2月15日(日)
18:00試合開始
■シアター1010
■SRS席6000円
自由席5000円
■予約受付中
■石川雄規、澤宗紀、吉川祐太、矢野啓太、及川千尋、スーパータイガー、原学、山本裕次郎、他
believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 10:55 | 日記
spacer