2008年10月28日


関節技レスリングにおいて考えてみよう。技の数、展開は無限なようで有限である。例えば地図をイメージしてもらいたい。道は無数にあるけれど無限ではない。しかし、道を知らない人にとっては無限の迷宮だ。毎日毎日隅々まで走り回るタクシーの運転手、あるいは運送屋さんがいたとしよう。彼らにとってはどんな路地も目を瞑って運転できるほど体に染み付いている。「右だっけ、左だっけ?」と一秒たりとて悩むことはない。プロなのだ。さて素人はどうだろう。いつも通る道、好きな道さえ知っていれば事は済む。得意な道さえ知っていればよいのだ。しかし、ある日突然通行止め、あるいは暴走族等の圧力で(笑)違う道に迂回しなければならなくなった時にはどうなるか?普段通らない、知らない道に入ったら?そう、道に迷い、立ち止まらざるを得ない。
つまり、総合格闘技でいう所の“膠着”だ。総合格闘技は、競技である故に、互いに強引に自分の好きな得意な道を走りっこし、相手を追い詰めるためにレースをする。それでたまたま知らない道に追い込まれたら膠着すればよい。つまらなくなってもそれでよい。競技だからだ。プロフェッショナルレスリングはどうだろう?客がそれを望むか?互いが全ての道を、全ての路地を知り尽くし、フルスロットルで止まらないカーチェイスをしなければならない。俺が言っているのは、互いが馴れ合ったお約束の道をのんびり一緒にドライブすることではない。一秒ハンドルを切り損ねたらクラッシュする、そんな高度なカーチェイスのことを言っているのだ。
将棋に話をもどそう。互いが全ての駒の動かし方を熟知している場合、一手打つごとに何パターンかの展開が一瞬で浮かび、そのまた先に展開が枝葉に別れてゆく。その中で最善の手をうってゆく。例えばレスリングな場合、そのゆっくり考える時間が許されない将棋だとしようか。駒を手にしたら一秒以内にどこかに置かねばならないルール。コンピュータのように一瞬で展開を察知し、体が反応しなければ変な所に手を打ってしまい、相手の袋小路に追い込まれてしまうのだ。昨年の6月。日米カールゴッチ最後の弟子対決、石川vsカールのBルールマッチは、まさにそんな闘いだった。プロフェッショナルレスラーが本来持たねばならないもの。それはコンピュータレスリング・・。さて、難しすぎるだろうか?つづく
posted by 石川雄規 at 15:34 | 日記

例えば将棋。対戦する二人が、まったく駒の動かし方、ルールを知らなければ話になりませんが、王将を獲るという目的と、2〜3の駒の動かし方を知っていれば、なんとなく対戦にはなります。もちろん大味な“端折った”対戦になり、できる人から見れば「おいおい、なんだよ、隙だらけじゃん・・、ありゃ、わかってねぇなぁ・・」となります。また、片方が完全に知っていても対戦相手が少ししか知らなければ、対戦の面白さは無く“待った”ばかりでテンポ良く進みません。
互いが達人の場合、二人は全ての戦局を知り尽くし、「できる」人であり、さらにその上に自分のオリジナルを持つ人であるので、おそろしく緻密な、そしてスリリングな、かつダイナミックな展開が見られるわけです。
今の文章を関節技レスリング、更に打撃を加えた総合格闘技、つまり“プロフェッショナルレスリング”と置き換えてみてください。さて、何か見えてきましたか?みなさん。
つづく
posted by 石川雄規 at 11:00 | 日記

「知る」という事と「できる」事は大きな差がある。「知る」ことは誰にでもすぐできる。何回か技を反復すれば、その日その時はできるようになった気がする。翌日?2日後?一週間後?必ず忘れている。例えば1秒でも迷ったら、たとえ正しく動けてもその技は「知ってる」だけで「できて」いない。実戦で使えないのだ。例えば、教習所であたふたしながらノロノロ右折しても、そんなのはまだ運転できるとはいえない。1秒の迷いも無く身体が覚えたとおりに反応し動けなければ本物ではない。「知っている」を「できる」に昇華させる為には、地味な繰り返し練習を何度も何度もしなければいけない。
ゴッチの流れを汲み、コンピュータレスリングともいえるバトラーツ流、いや石川流の関節技レスリングを細部にわたり何度も繰り返し練習し、きっちりと「できる」レベルまで到達しつつある女子レスラーが二人だけいる。バトラーツ女子一号の及川千尋と、フリーながら遠方から石川塾にとことん通いつめている華名だ。女王バチメインイベント。キャリアの浅い二人ができるだろうか?と不安視していた人がたくさんいただろう。フフッ、実際に観て驚いたでしょ?素人さん(笑)キャリア長ければいいってもんじゃないぜ。技術、理念、感性の深さ、そして全ての完成度が問題なんです。彼女たちの完成度も、試合の完成度も、観衆が驚く姿も、全て俺の予想通りでした。いや確信していた通りでした。何故なら、石川ゲノムを受け継ぐ二人は、高度なレスリングという共通言語を持ち合わせているから。共通言語・・とは?つづく
posted by 石川雄規 at 02:02 | 日記

2008年10月20日


200810191911001.jpg200810191812000.jpg市民祭り終了後、石川屋新田店で飲み会イベント〜あとのまつり〜、多数のご参加ありがとうございました!定員満員で大盛況でした。バトラーツメンバーはもちろん、今回は華名選手も顔を出して頂き、文字どおり華を添えて頂きました。華名選手の美貌を目のあたりにしてハートを射られた殿方も多かったのでは?「どうです?バトの飲み会イベントは?」「みんなよくしゃべりますね〜(笑)」と楽しんでもらえた様子。次回飲み会イベントもお楽しみに〓
posted by 石川雄規 at 13:05 | 日記

越谷市民祭り。ご来場ありがとうございました!
アマチュアのみなさんの熱い闘い、タヒチアンダンスのトロピカルな色気。及川&華名の公開練習。そしてバトラーツの闘い。盛りだくさん、大盛況をおさめることができました。早朝からリング設営を手伝ってくれたB-CLUB会員さん達、撤収も手伝ってくれたみんな。本当にありがとうございました。みんなの笑顔がいっぱいの越谷市民祭、大好きです。実は自分にとって一番楽しみなイベントです。観る人も出場した人も、楽しかったね、みんな!
posted by 石川雄規 at 12:39 | 日記

2008年10月17日


image005.jpg10/26(日)18:00
女王バチ/新木場1stリング
★オープニンググラップリングマッチ(55キロ契約)

浅麗歌子 対 村田恵実(AACC)

第1試合

夏樹☆たいよう 対 佐藤綾子(伊藤道場)

★第2試合

チェリー(ユニオンプロレス) 対 GAMI(WAVE)

★第3試合

美花(RANGER品川GYM) 対 エスイ (エスオベーション)

★セミファイナル

木村響子(フリー) 対 AKINO(フリー)

★メインイベント

及川千尋(バトラーツ) 対 華名 (フリー)

※全試合 KO、ギブアップ、TKO、セコンドによるタオル投入により勝敗を決する女王バチルール を採用。
チケットお申し込み「 opyopyo_beroncho@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 19:38 | 日記

2008年10月14日


■バトラーツ宴会〜あとの祭り〜
■10月19日(日)
17時〜19時
■石川屋 新田店
■会費/一般 3500円 Believers会員3000円 (飲み放題&料理付き)
■予約制、定員30名
■お申し込み/believers_sc@yahoo.co.jp
posted by 石川雄規 at 16:17 | 日記

2008年10月13日


200810122043000.jpg200810122130000.jpg昨日はでら名古屋プロレス。名古屋にいってきました。(正確には今日もまだ名古屋にいます)12月に名古屋で結婚式を挙げる友人の衣装合わせ(私が媒酌人をつとめます)やパーティープロレスの打ち合わせをしました。夜は、お世話になってる居酒屋のマスターとそのご友人にご招待を受け、怒濤の手羽先コース、ゴチになりました。10人前!(5人で食べたんだけどね)
■バトラーツ情報
《第一試合》
山本裕次郎vs三州つば吉 《第二試合》
吉川祐太vs焙煎TAGAI
《第三試合》
原 学 &竹田誠志vs矢野啓太&石川晋也(大日本) 《セミファイナル》
澤 宗紀vs X (調整中)《メインイベント》
石川雄規vsスーパータイガー

■バトラーツ〜千住の風になってvol.9〜
■10月25日(土)18時開始
■シアター1010(北千住丸井10F)
■SRS席6000円、自由席5000円、小中生2500円

■予約受付中!
posted by 石川雄規 at 09:59 | 日記

2008年10月11日


《第一試合》
山本裕次郎vs三州つば吉 《第二試合》
吉川祐太vs焙煎TAGAI
《第三試合》
原 学 &竹田誠志vs矢野啓太&石川晋也(大日本) 《セミファイナル》
澤 宗紀vs X (調整中)《メインイベント》
石川雄規vsスーパータイガー

■バトラーツ〜千住の風になってvol.9〜
■10月25日(土)18時開始
■シアター1010(北千住丸井10F)
■SRS席6000円、自由席5000円、小中生2500円

■予約受付中!
0489630005
posted by 石川雄規 at 21:18 | 日記

200810110339000.jpg200810110340000.jpg200810110340001.jpg新作が完成。S M L LL 3500円

前作も再版。サイズ取り揃えました。

10月19日、越谷市民祭りより発売開始!
posted by 石川雄規 at 03:47 | 日記

2008年10月08日


200810081643000.jpg今日は新橋にある日テレビル内のスタジオで「ガキの使いの」収録に行ってきました。水戸黄門の格好で、罰ゲームの仕置き人です。写真は相棒の岡林選手(大日本の新人クン)
珍しく二日酔いで一日中具合が悪かったのですが、待ち時間ばかりのTV収録はこういう時には助かりました。
放送は多分再来週あたりかな。
posted by 石川雄規 at 23:07 | 日記

2008年10月07日


■石川雄規vsスーパー・タイガー
■矢野啓太vs三州つば吉 ■10月25日(土)18時開始
■シアター1010稽古場1 ■SRS席6000、自由席5000円 
■予約開始。メッセージにて受け付けます。 

みなさんのご来場お待ちしてます。
posted by 石川雄規 at 11:36 | 日記

2008年10月04日


■越谷市民祭りプロレス
■越谷市役所、第二庁舎側駐車場
■入場無料〓
■10月19日(日)
10:00関節技体験コーナー10:30アマチュアマッチ 111:45フラダンス
12:00バトラーツプロレス《第一試合》15分一本勝負ランジェリー武藤vs男盛 《スペシャル企画》
〜まだ秘密〜
《第二試合》15分一本勝負スーパータイガーvs山本裕次郎
《メインイベント》20分一本勝負
石川雄規&吉川祐太vs澤宗紀&矢野啓太
■試合終了後、サイン会
posted by 石川雄規 at 11:54 | 日記

2008年09月18日


華名選手、高橋ナナエ選手、夏樹選手、Ray選手、大畠選手、エスイ選手、及川選手、タカクノウ選手、山本オッパッピー選手、三州つば吉選手。大盛況でした。ほぼ全てを受け継いでくれているタカさんも師範代として手腕をふるってくれ、指導のアシストをしてくれました。ありがとう。バトラーツジムではいつもマンツーマン練習の華名選手、仲良しのパッションレッド軍団が揃い踏みして楽しそうでした。みんなすごい集中力。11時30分から16時までぶっ続けでした。女子プロレスの中に、この本格的なレスリング技術が広がれば、必ずや革命が起きるような気がする。 
まずは10月26日の新木場。バチバチ女王バチ大会を見逃すな!!
posted by 石川雄規 at 02:17 | 日記

2008年09月13日


☆シングルマッチ
原 学 vs 三州つば吉 ☆シングルマッチ 
 臼田勝美vs焙煎TAGAI
☆セミファイナルタッグマッチ 
澤 宗紀&矢野啓太vs長井満也&関本大介 
☆シングルマッチ
山本裕次郎vs竹田誠志 
☆メインイベント30分一本勝負〜試練は続くよどこまでも!〜
石川雄規&吉川祐太vsアレクサンダー大塚&2代目スーパータイガー

■9月21日(日)18時開始
■シアター1010稽古場1 ■SRS 6000円、自由席 5000円

☆及川は今回、ふさわしい相手が見つからなかったことと、10月26日の女子バトラーツ大会に向けての特訓期間の為、万を待してお休みとさせていただきます。
posted by 石川雄規 at 11:26 | 日記

2008年09月07日


200809070632000.jpg本日はZERO1-MAXの群馬大会に出場。バスの出発場所である芝公園に向けて、越谷から始発に近い電車にて移動。乗り換えの日比谷駅ホームにて、気持ち良さそうに眠る人を発見。
posted by 石川雄規 at 06:40 | 日記

2008年09月05日


店に立っているといろんな人がやってくる。 
よくある話題。何人か連れ立って飲みにきた仕事仲間らしきグループ。プロレスラーだと知るとすぐにこんな話。仲間にデブがいるとかならず「こいつ、プロレスラーにどうですか?」「やめろよ、無理だって〜」と本人は恐縮するが、仲間が盛り上がる。「ね、プロレスラーにどうですか、こいつ。」必ずお約束のように振ってくる冗談だが、何が面白いんだかわからない。血へド吐いて生き残って手に入れた商号、プロレスラー。ただ太ってる奴がみんななれるならこんなおめでたい話はない。酒の席の冗談でも言うべきことではない。ただのデブを指して、「こいつどうですか?なれますか?」などという安易な質問。答えるのもくだらない。ジョークとしてどんな答えを期待してるのかもわからん。それ以前に、命懸けで身を立ててきた職人の道を愚弄する質問だ。俺はにっこり笑ってこう答える。「いいですね。素晴らしいレスラーになれますよ。すぐにデビューできますよ!」そいつらは一度もバトラーツを観たことないし、今後も観る気はサラサラない。「さあ、みなさんでもう一杯
ずつおかわりいかがですか?ガンガンいきましょう!」と酒をすすめる。
べつにバトラーツに興味を持たなくてもいいが、大人として、人として互いが背負う人生の重さを尊敬しあえる人間でありたい。
俺は、自分の息子たちをはじめ、どんなに小さなことでも、成し遂げて誇りを手に入れた子供を、「すごいじゃないか!!エライエライ!」と抱き締めてあげる。そして彼らはくすぐったそうにほほえむのだ。
ジムの会員さんやちびっこ。俺がこんなに誉めて指導するのは、もしかしたら自分がそうして欲しかったからなのかもしれない。俺は中学生の頃、プロレスラーになると決めてから、周りの大人達、世間から否定され続け、ただの一度として励まされたことはない。いくら頑張っても誉められたことはなかった。いつもひとりで壁に向かってスクワットを何千回も繰り返した。いつか猪木さんに会った時に恥ずかしくないように。それだけが心の支えだった。
俺の指導方は、過去の孤独と哀しみの裏返しなのかもしれない。バトラーツジムで出会った弟子たちよ。ジムは無くなっても君たちは永遠に情念の子孫、俺の誇りです。
posted by 石川雄規 at 10:02 | 日記

店にはいろんな人がやってくる。プロレスラーだというと、すぐに「腕相撲で勝負しましょう」という奴が多い。「??俺、腕相撲弱いですよ。」「またまた〜、そんなことないでしょ〜。」「いや、格闘と腕相撲、全く関係ないですから。」まったく面倒くさい。プロレスラーと聞けばすぐに腕相撲、腕相撲ってバカのひとつ覚えみたいに。勝てば「レスラーに勝った〜!」と喜ぶ奴ら。そういう奴にはこう言ってやります。「プロレスラーですから、腕相撲は専門外。“勝負”したいなら、素手の殺し合いの勝負なら今すぐにでも受けますよ。安全なところにいて気やすく勝負勝負言わない方がいいですぜ。」とにっこり笑って。「もう一杯いかがですか?」と酒をすすめる。
もちろん、女の子の腕相撲挑戦は喜んで受けます。だってかわいいんだもの〓
posted by 石川雄規 at 02:06 | 日記

店に立っていると、様々な人がやってくる。プロレスラーだというと必ず聞いてくるのが、「やっぱり毎日練習するんですか?」「へぇ〜、どのくらいやるんですか?」等。練習するに決まってるじゃねぇか。1日おきだったらどうなんだ?2日おきだったらどうなんだ?「どのくらい?」て、練習メニュー知りたいのか?それとも時間を知りたいのか。単純に1時間、2時間という答えで納得するのか。純粋に興味を持って聞いてくる人とはきちんと会話が進んでゆくが、ヘラヘラ適当に聞いてくる人はそこから先に進まない話。たいして答えに興味無いくせに聞いてくるな!と内心イライラしながら、最近は適当に答えることにしてる。これも必ずあるのが、「プロレスラーなんですか?じゃ、いつも大怪我が絶えないでしょう?」「いや、怪我しませんよ。」「やっぱり怪我しないように加減してやってるんですか?本気でやったら死んじゃうでしょ?」「本気でやってますよ。例えば考えてみてください。“あなた、F-1レーサーなんですか!?そしたらいつもクラッシュお
こしてるんですか?て聞きます?プロレスリングも、ハンドル1mm切りそこねたら大事故につながる、ギリギリの闘いをやってるんです。手加減とかどうやってできるんですかね?そっちのが神技ですよ。嘘か本気かなんてウチの試合観ればわかりますよ。観たこと無い人に何言っても議論になりませんからね。ほら、うんこみたいなマグロしか食べたことない人に、銀座の最高級の寿司がいかに美味いかなんて説明できないでしょ?食べたことない人に“まずいんでしょ?”とか言われても議論になりませんからね。今度北千住でやりますから、ぜひ生で観にいらしてください。」「(まったく興味なさそうに)ふ〜ん、北千住のどこ?蒲生に桂スタジオってあるよね、いつもプロレスやってるよね。云々」それまで世論にまどわされ、私との会話で「あ〜、そうなんだ。なるほど。一度も自分の目で観てないのに、人が人生かけてやってることを知らずに先入観で否定してきたんだな、俺いけなかったな。」と感じてくれる人は、実際に観にきてハマってくれたり、来なくても楽しい会話
がはずむ。人を知らずにバカにし、いかに自分が人として失礼な感覚を持っていたかを気付かないまま生きている奴らが現代社会をダメにしている。試合の翌日、ボロボロの体でなんとか店に立っている時など、そんな議論に特に内心ムカつきながらも、俺はカウンター越しに今日もにっこり微笑み、「もう一杯いかがですか?」と酒をすすめる。
posted by 石川雄規 at 02:05 | 日記

2008年09月03日


感動冷めやらぬまま、今月もいきます!

■バトラーツ北千住大会 ■9月21日(日)
■18時試合開始   
■シアター1010稽古場1 (北千住西口隣接丸井10F) 
■SRS 6000円、自由席 5000円 
■予約受付中!0489630005

■追伸。後に発表しますが、10月26日夜。新木場。みなさんスケジュール空けておいてください。無限大記念日・・に・・(謎)
posted by 石川雄規 at 12:05 | 日記
spacer